ニキビイメージ

ニキビができる原因を改善することから始める

思春期のころにはあまりニキビとは縁がなかったのに、大人になってから少しずつできるようになってしまい、お化粧をするときにもとても気になっていたのですが、なんとかお化粧でカバーするようにしていました。
ですが、お化粧でカバーしたところがますますひどくなったりしたこともあり、もう一度ニキビケアを考え直してみることにしたのです。
それで、まずは洗顔方法を変えてみることにしたのです。
それまでは、熱いお湯かお水でさっとぬらしてから洗顔フォームでごしごしとする、というのが常でしたが、まずはお湯はぬるま湯で30度台にして、そっと顔をまんべんなくぬらすようにしました。
そして洗顔フォームは必ずネットで先に泡立てておき、それを少しずつ顔に乗せていくようにしたところ、顔のつっぱりがちょっと改善されていることに気がついたのです。
それまではそのまま洗顔フォームをべたっとつけて、ごしごしとしていたので、あまり毛穴の奥までは汚れがとれていなかったのだと調べてわかりました。
きちんとネットで泡立てることで、きちんと毛穴の汚れやいらない皮脂も取り除けるようになったのです。
そのおかげか、その一度だけで顔のくすみがほんの少しだけ明るくなったのです。
これにはとても驚きました。
また、食事面でも少し改善するようにして、お菓子の類はそれまでの量の半分以下に、野菜とお魚中心にして豆乳を飲むようにしました。
豆乳は肌にもとてもいい効果があると言われたので、積極的に飲むようにしています。
そのおかげもあるのか、肌が改善されてきれいになってきているのがわかります。
また、ニキビができたら気になってつい触れてしまっていたのですが、なるべく触らないようにして、埃や汚れがつかないようにしていました。
毛穴がほんの少しずつ変わっていくのが毎日の洗顔で鏡を見たときにわかるので、本当に嬉しく感じるのです。
その肌が変わっていく様をみることで、ますます色々なことに気をつけるようになっていました。
洗顔するときに特に気をつけていたのは、髪の生え際と汚れがたまりやすいといわれている、小鼻や顎付近です。
その部分は力を入れるといたくなってしまうので、ネットで泡立てたものをさらに手のひらできめ細かく泡立てて、それでそっと優しく洗うようにしたのです。
そうすることで、それまでごしごしと洗っても取れなかった汚れや皮脂、そして毛穴がきれいになっていきました。
食事面はすぐに改善できなくても、洗顔方法と一緒に変えていくことで、ニキビを治して美肌に近づけていっています。

Copyright(C) 2014 大人のにきび.com All Rights Reserved.